害虫による症状|幅広い害虫駆除に役立つアドボケートの購入方法

害虫による症状

薬瓶から色々な種類の薬が出ている様子

ノミやダニがペットの体表面上に寄生してしまうと、そこから血を吸われてしまいます。
1匹のノミやダニから血を吸われるだけならまだマシですが、ヤツらはすさまじい繁殖能力を持っています。
最初は数匹だったとしても、あっという間にその数を増やしていくでしょう。
大量のノミ・ダニから血を吸われてしまうことで、貧血や栄養失調を起こす可能性があります。
また、吸血箇所が強い痒みを発するようになり、ペットたちが掻きむしることで皮膚が傷つき、そこから化膿していく危険もあります。
強い痒みだけでもペットたちにとっては大きなストレスですので、全身を痒そうにしていたらノミ・ダニの寄生を疑ったほうがいいでしょう。

フィラリアは犬や猫の体内に寄生する害虫で、蚊を介して侵入してきます。
寄生時はまだ幼虫で、この段階では目立った症状が起こることはありません。
しかし、幼虫が心臓部や肺動脈などの血管部分にたどり着き、そのまま成虫にまで成長されてしまうと厄介です。
血管が詰まることによって血流が悪くなり、血尿や食欲不振、呼吸困難や激しい咳を引き起こすのです。
それだけでもペットにはツラいことなのですが、フィラリアが最も恐ろしいのは、死に至る可能性もあるということです。
そこで、少しでもフィラリアによる症状を確認したら、すぐ治療を始めるべきでしょう。

アドボケートを購入しておけば、いつ害虫たちによる症状が出たとしてもすぐ治療に移ることができます。
アドボケートは効き目も早く、投与してから1日足らずで害虫たちを完璧に駆除してくれますよ。